“Love” is Not Really a Transitive Verb

O. Guy Morley September 22, 2019 When I was in a creative writing class, the topic was romance. The teacher let us discuss all the aspects of “love.” That’s when I drifted away into my own world. ――――――――――――――――――――――――――― People often say, “I love you!” But what would it mean? If you say “I love you” … Continue reading “Love” is Not Really a Transitive Verb

Dream vs. Thought

O. Guy Morley September 28, 2018 This is a work of fiction. Names, characters, businesses, places, events, and incidents are either the products of the author’s imagination or used in a fictitious manner. Any resemblance to actual persons, living or dead, or actual events is purely coincidental. Sonia tends to remember her dreams well. She … Continue reading Dream vs. Thought

こんなはずじゃなかった

2017年8月30日 蓮 文句 「こんなはずじゃなかった。」「こんなことになるなら、ああするんじゃなかった。」皆さん、誰でもそう思うことがあるでしょう。まあ、一言でいえば後悔でしょうか。当然、あまり気持ちの良いものではありませんし、時によっては病的になることもあるかもしれません。しかし、これは私たちには極自然な現象の一つのようですし、予防するとか無理やり否定しようというのも現実的ではなさそうです。兎に角、ここで少し考えてみるのも悪くはないと思います。 後悔は、一般に過去の自分の行動が現在の理想にそぐわないと思った時に起こるものです。あらかじめ選択肢がわかっていた場合とそうでない場合があるかもしれません。いずれにしても、根底にあるのは、理想と現実のギャップのようです。 まず、現在の理想というものがどこから来るのか少し考えて見たいと思います。やりがいのある仕事をして、高給をとり、理解のある配偶者と大きな家に住み、優秀な子供をもち、自由気ままで安泰な老後を送る。皆さんは、そのような理想を持っているのでしょうか。そのような理想はどこから来たのですか。自分で構築したものでしょうか。現代社会の賜物でしょうか。それとも、なんとはなしに浮かび上がってきたものでしょうか。現実的でしょうか。私たちが本当に納得できるようなことをした時、それは理想に合致していたからでしょうか。それとも、何か自分の天性を全うしつつあるからでしょうか。というわけで、すこし、理想というものを真剣に考え直してみることが必要ではないでしょうか。ことによると、理想などというものは人生における弊害であるだけかもしれません。 そして、後悔が理想と現実のギャップから生じるとすれば、私たちの現実を把握する能力についても再検討してみる必要がありそうです。ある研究結果によると、大学教員の94%の人が学生から見た自分の評価が平均以上であると思っていたそうです。当然、大変おかしな話で、その人たちが自分の評価を正確に把握していれば出てこない結果です。これは単なる一例ですが、一般に私たちは現実をそれほど正確に把握していないというのが実情だと思います。どうしたらよいでしょうか。現実を真剣に自分の五感・六感のみに頼って把握するようにしたらどうでしょうか。 もし、私たちが理想と現実を見る目を磨き、表面的なギャップに惑わされることを躊躇できるならば、後悔の件数はずっと減るのではないでしょうか。

Right Mindfulness through Diagrams: Experimentation beyond Bare Attention

Nobo Komagata insi2.org December 30, 2015 (First written: October 22, 2014) Introduction Many of us who practice mindfulness meditation would no doubt appreciate its benefits. For example, we may be less irritated/angry, able to tolerate creepy creatures, or increasingly more comfortable with thinking about our own deaths. Each one of us must be able to … Continue reading Right Mindfulness through Diagrams: Experimentation beyond Bare Attention

On Positive Behavior Support: A Critical View

Nobo Komagata PA7H.org October 17, 2016 (First Written: September 20, 2013) A Letter from the School At the beginning of the 2013-2014 school year, I received a letter from my daughter’s public elementary school. The letter states that the school community: “will implement a new and exciting school wide behavior initiative called Positive Behavior Support … Continue reading On Positive Behavior Support: A Critical View

When We Really Want To Bring about Changes in People

Nobo Komagata PA7H.org December 24, 2016 (first written: June 10, 2013) Let us first consider the following three scenarios: Our own or someone else’s children may be behaving badly, e.g., snatching, hitting, bullying, etc. Since we are naturally concerned about the children’s future, we often try to correct the children’s behavior using whatever method we … Continue reading When We Really Want To Bring about Changes in People

Unconditional Parenting and Secure Attachment

Nobo Komagata Sachiko Komagata August 8, 2008 During their pregnancies, parents-to-be may read a lot of books on pregnancy, delivery, and child-rearing. But when the reality of dealing with newborn babies begins, even they may not be fully prepared for actual parenting. Naturally, every parent must be hoping to provide the best for his or … Continue reading Unconditional Parenting and Secure Attachment